アロエ錠スルーはつらーい便秘に飲んで効く医薬品|富山常備薬グループ

便秘はお悩みランキングで常に上位

年齢が上がるにつれて便秘の悩みは増加の一途をたどります。
厚生労働省が行った平成22年度国民生活基礎調査によると、
便秘に悩む人のうち、40歳以上の割合がなんと80%を占めることがわかりました。


なんで便秘になるの?

年を重ねるごとに便秘に悩む人が増加傾向にあります。
これは、加齢に伴い腹筋などの筋力が低下するため、便秘が引き起こされるため
と考えられます。
さらに、女性は筋力や腹筋が弱いため、便を押し出す力が足りなかったり、
運動不足による、腸刺激が少ないという悪循環も考えられます


男性も時間に追われるなどの理由から、便意をもよおしても我慢する習慣が
身についてしまい通常の刺激では便意が起こらなくなってしまうことが多いのです。

便秘の種類は、大きく分けて、「弛緩性便秘」「習慣性便秘」「けいれん性便秘」
「食事性便秘」の4つ!
日本人に最も多いタイプの便秘は、「習慣性便秘」と呼ばれているものです。

便秘になると頭が重い、お腹が張る、肌が荒れるなどの症状が現れます。

生薬アロエ末100%でつらい慢性的な便秘を改善!


まず、便秘に悩む方々が陥りやすい問題として「詰まったら薬で出す」という対応による悪循環。
これは体にも負担をかけ、依存性も考えられるため非常に危険です。
便秘の改善には、まず低下した腸の動きを活発にしてあげることが重要です。

その点、アロエには腸内に程よい刺激を与え、マッサージを施すような効果を持つ成分が含まれており、
腸が本来持つ「出す力」を高める作用が期待できます。

さらに自然由来の成分なので、自然で”スルッ”としたお通じへ導きます。
その上、アロエは日本はもちろん、世界各国でたいへん親しまれている生薬です。

『アロエ錠スルー』は、有効成分として、アロエ末のみを配合した植物性便秘薬。
胃で溶けて、大腸の動きを活発にしてスムーズな排便を促します!

緩下(かんげ)成分アロインを含むケープアロエのアロエ末が大腸にしっかり働きかけ、
〈便秘や便秘からくる肌荒れ、吹き出物、頭が重い、腹部膨満〉などにしっかりとアプローチしてくれます。

便秘の方々に共通する「出す時に痛い」「効果が強すぎる」「できるだけ自然な成分で」という
3つの悩みを受けて、アロエ錠スルーは開発されました。

富山常備薬グループ 開発担当者より
便秘により無理矢理出す感じがつらい…という方は多いのではないでしょうか。
便秘薬、量が自分に合わない!効きすぎるときもあれば、効きが弱く感じるときもある・・・という、ご自分に合った便秘薬の量を調節したい、というお声を多くいただいております。
植物であるアロエ外皮の粉末『生薬アロエ末』という有効成分に含まれる『アロイン』は、腸を程よく刺激し、活性化。排泄力を高めます。
そこで、医薬品「アロエ錠スルー」は…!
植物性だから痛まずスッキリ
医薬品『アロエ錠スルー』は植物性の比較的緩やかな作用「緩下作用」を持った便秘薬です。大腸が本来持つ「便を排出するチカラ」をサポートしてくれるのでスルッと便秘に効きます。
飲む量を調整できる小粒タイプ
便秘の程度は十人十色。皆様に合った量を選んでいただきたいので、1日3回、1回に1錠〜3錠と自分で飲む量を調整できるよう、『直径7mm』という小粒タイプに仕上げました。
大腸の排出力を高める
医薬品『アロエ錠スルー』は有効成分『アロエ末』を配合。アロインのチカラで腸が元来持っている排泄力を高めます。さらに、一粒一粒が胃で溶け、有効成分が拡散するように作られておりますので、大腸の隅々までサポート!ぜひ、アロエのチカラを体感してください。

▲ページの先頭に戻る

アロエ錠スルーは、つらい便秘に飲んで効く第3類医薬品

アロエ錠スルー

「アロエ錠スルー」は第3類医薬品として承認され、
効果も認められた「便秘」や「便秘からくる肌荒れや吹き出物」を緩和するお薬です。

一般の人が医師の処方せんがなくても購入できる一般用医薬品(OTC薬)は、
安全性の面から3つにランク付けされています。

その中で、副作用リスクの比較的低いものが第3類医薬品に分類されております。

医薬品とは、文字通り、病院で医師が処方してくれるクスリや、
薬局・薬店で市販されている風邪薬や頭痛薬などのことです。

配合されている有効成分の効果が認められており、
病気の治療や予防に使われるクスリを指しています。

「アロエ錠スルー」は、医薬品として承認され効果も認められています。

▲ページの先頭に戻る

本医薬品をご購入いただく前に

アロエ錠スルーは第三類医薬品です。
本医薬品をご購入いただく前に、下記の注意事項をご確認のうえ、ご注文手続きをお願い致します。

※ 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
@ 医師の治療を受けている人。
A 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
※ 服用に関しては「用法・用量」を守り、必ず商品の添付文章をお読みください。

記の内容に同意のうえ、ご購入くださいますようお願い申し上げます。

  • 戻る
ご購入はこちら